耐震診断・耐震補強

国の定める耐震性に係わる規制は昭和56年6月1日導入されました。(建築基準法)

当然ですがそれ以前に建てられた建物は耐震性が低いと考えられます。

先の震災で大丈夫だったからといって安心は出来ません、建物はエネルギーを吸収し耐震性は確実に低下しているはずです。

 

地震の時、壁にひびが入ったのは壁材がエネルギーを吸収しきった証拠です。

壊れた壁は直せば元通りですが骨組みは確認しましたか?木造の在来工法の場合は地震のたびに木組みが緩くなります。震災後にクルマが通るだけで揺れやすくなったなどありませんか?

 

耐震診断とは地震が起こった時に建物が耐えられるか?耐えられない場合の不足の程度はどれくらいか?構造力学的に検証し数値化し、その結果を踏まえた耐震補強設計により補強工事を行う、又は建替える為のものです。

 

国は一般住宅の耐震化率を上げようと診断業務・補強に対して助成金を出していますので、条件に当てはまる建物をお持ちの場合は診断をお勧めします。(窓口は地方自治体)

古い住宅の建て替えを計画している人にも、耐震診断を受けるだけで建替え費用に助成金が出ますからお勧めです。

 

効果の怪しい補強金物を多数取付けられた住宅も見ました。

騙される前に自治体から補助金を貰って建築士の耐震診断と補強提案を受け効果的な補強工事をすることをお勧めします。

 

もちろん市内にお住まいであれば市役所の窓口にて弊社をご指名いただけると幸いです。

弊社は木造・鉄骨造・鉄筋コンクリート造において多数の耐震診断・補強設計実績があります。

 

真岡市木造住宅の耐震診断助成制度

 

真岡市木造住宅の耐震改修・建替助成制度

 

国の耐震対策緊急促進事業HP

 

日本建築防災協会HP